メガソーラーと工場 太陽光発電と環境事業・産業用機械の協伸サンテック
工場

現社屋建設の経緯

現社屋(座間)の建設プロセスと概要

工場 竣工式(平成26年3月1日)

建物が完成して、厳粛に竣工式を執り行いました。

外観 全貌

外観 全貌:
シャッターと壁面の色が特徴です

シャッター

シャッターには番号表示

社名の銘板プレート

社名の銘板プレート

神主様

神主様による操業の安全祈願

商売繁盛

商売繁盛・安全祈願の思いを込めて

式典後の記念撮影

式典後の記念撮影

工場 新社屋の建設状況(平成25年12月14日)

外部は、これから庇工事と外構工事を行います。

外観 北面

外観 北面

外観 西面

外観 西面

内部 12台のクレーンが試運転中

内部 12台のクレーンが試運転中

7.5t 2基

7.5t(2基)大型機材に対応

屋根 50kWの太陽光発電

屋根には50kWの太陽光発電がのりました

工場 工場棟の建設状況(平成25年8月7日)

基礎を打設し、製缶用の定盤が2面出来上がり、工場棟の鉄骨を組み上げるところまで進みました。

工場 地鎮祭(平成25年4月24日)

予定どおり新社屋(座間)の地鎮祭を執り行いました。 生憎の天気でしたが、つつがなく終えることができました。新工場建設の第一歩を、踏み出しました。

工場 新社屋(座間)の建設計画(平成25年2月12日)

現在の大和工場は、より良い受注確保のため、工場の増築を繰り返し行い、作業場所を確保してきました。
そのため、ゾーニングが複雑になり作業効率が良くない配置となってしまいました。
また、近年では周囲にマンションや住宅が建ち並ぶ環境下において、 作業時間等の制約もあり、短納期の仕事を受けにくい状況にあります。

下向き矢印

■工場として操業しやすい場所へ移転
「協同組合SIP座間インフィニティ」の7社の内の1社として、 座間市の日産自動車社員寮跡地に工場を建設します。
昨年土地を取得、既存の社員寮の解体が12月に終了しました。1月から造成工事が着工し、4月より建築工事を行い、平成25年12月の完成予定です。
※4月24日(水)が地鎮祭予定

※平成26年5月24日追記:社屋は、平成26年3月1日竣工しました。

神奈川県 座間市内への企業団地建設事業計画を承認
のページへ →

新工場の概要
目的 1.大型重量品の生産
2.生産の効率化
3.短納期への対応
敷地面積 4,962m²
建物(工場) 1,863m²
(事務所) 543m²(1、2階合計)(福利厚生施設含む)
クレーン 7.5t/2台、2.8t/10台
製缶用定盤 8m x 22m、6m x 22m
トラック出入口 西・北・東にA~Fの6か所
太陽光発電設備

35kW

配置図   クリックで拡大↓

新工場レイアウト